交通事故・労災対応、各種保険取扱い。坐骨神経痛や肩こり、腰痛の悩みは福岡市中央区長浜のなごみ整骨院へ(舞鶴・赤坂・大名)

交通事故での怪我

交通事故での怪我と一言でいっても、交通事故による外傷は、
むち打ち・骨折・捻挫・脱臼・打撲・打ち身など様々です。

怪我をする部位も、
頭・首・腕・肩・腰・足などとあらゆる箇所でのあらゆる怪我が存在します。

その部位その怪我その痛み方によっても治療法は異なり、
いかなるケースにも対応し施術しなければなりません。

特に、大きな交通事故の場合はそれらが重なってしまう事があり、
全治までかなりの時間を要する事もあるので、交通事故の怪我を甘くみてはいけません。

なごみ整骨院では、むち打ちや打撲などの交通事故での怪我の施術を行っています。

交通事故に遭われた方へ

交通事故での怪我は辛いものです。
なかなか痛みが引かない上に、本当に治るだろうかと不安に感じる事も。
そんな辛い状況から一日でも早く抜け出し、
快適な生活を取り戻してもらうために全力を尽くして施術を行います。

1.まず、警察に連絡しましょう。
また、相手の住所・氏名・連絡先・自賠責保険の加入先をチェック。
なごみ整骨院へご連絡下さい、治療や保険についてご相談対応いたします。
2.病院にて診察
まずは、病院で診察を受けて下さい。
警察に提出するために診断書を請求して下さい。
3.保険会社に「なごみ整骨院」で治療する旨を連絡
保険会社に連絡をして、なごみ整骨院で治療を行う承諾を得ます。
4.治療をスタート
病院での診断結果や事故の状況を把握してから、最適な治療を行います。
5.治療終了とその後の症状の確認
症状が改善し、後遺症の心配が無いようでしたら、治療が完了です。
アフターケアについてのアドバイスも行います。
6.保険会社へ治療終了の連絡
保険会社へ治療が終えたこと連絡します。
保険会社より示談内容書が届きますので内容をしっかり確認しましょう。

また、最初に整形外科などの病院にて診療を受けていても、
診療先を整骨院に変更する事ができます。
他院で通院してもなかなか症状が改善されない場合なども、是非ご相談下さい。

労災保険とは?

労災保険治療とは、業務上や通勤途中の負傷、疾病、身体障害、
または死亡に対して労働者災害補償保険の適用にて行う治療を指します。
労働中のケガなどに関しては、健康保険ではなく労災保険が適用されます。

実際に作業中ではなくても「休憩時間」や「出張中の移動」なども業務上になります。
正社員ではなくても、アルバイトやパートも適用の労働者となります。
ケガ(骨折、捻挫、腰痛、障害など)の治療だけでなく、
労災によるケガで手術をした後のリハビリも可能です。

労災保険治療は、気持よく仕事に復帰していただくための治療になります。
気になることがあれば、プロにご相談ください。

治療費は?
労災保険の適用となりますので、基本的に患者様の窓口負担はございません。
手続きは?
「柔道整復師用」の労災用紙【様式第7号(3)】の提出のみをお願い致します。
事業主より毎月署名・捺印が必要な書類になります。
こちらの用紙があれば、保険請求や面倒な書類作成などは当院が代行して行います。
転院・同時通院について
当院は労災指定医療機関の認定がございますので、転院も全く問題なくしていただけます。
整形外科や接骨院の同時通院も可能です。
整形外科の物理療法のみに不安や不足を感じている患者様の転院も数多くいらっしゃいます。
早期回復したい、痛みがなかなか取れないなどございましたら、ご相談ください。

労災保険適用のメリット

  1. 【1】健康保険と異なって、窓口での一部負担金の支払いは必要ありません。(全額労働基準監督署が支払う)
  2. 【2】業務災害・通勤災害により休業した場合は、休業補償がもらえる。(給付基礎日額の6割、特別支給金2割)
  3. 【3】負傷が複雑であり、長期療養を余儀なくされても療養補償及び後遺障害の程度により障害補償が受けられる。
  4. 【4】手続きは簡単で、事業主の証明書があれば受診できる。

以上、健康保険にないメリットがいくつかありますので、
仕事(業務)中、通勤中に負傷した際は、労災保険を適用し早期の職場復帰を計ってください。

労災保険治療での問題

労災保険治療で労災に該当することがあったのにも関わらず、
健康保険での治療を指示することがあります。
「労災かくし」と呼ばれることです。

撲滅にむけて厚生労働省が取り組んでおりますが、なかなかなくならないのが現状です。
使用者が労災となかなか認めない場合は、労働基準監督署に相談が必要です。